現在の位置

桜井市の移住促進施策(移住支援金交付事業)について

桜井市移住支援金について

桜井市では、東京圏から市內への移住(UIJターン)?定住の促進及び中小企業等における人手不足の解消を目的とし、奈良県と共同で「移住支援金交付事業」を実施します。

 

(移住支援金の交付申請を検討されている方にお願い)

「移住支援金交付事業」は、予算の範囲內で実施しています。支援金交付の見込み人數を把握するためにも、本事業を通して、就業?起業され、桜井市へ移住された方は、擔當課(行政経営課)まで連絡してください。

 

奈良県移住?就業?起業支援事業(移住支援金)のご案內(奈良県外國人?人材活用推進室)

1.対象者

次の(1)と(2)の両方を満たす方が対象者となります。

(1) 次の(ア)、(イ)の全てに該當する必要があります。

  (ア) 移住する直前の10年間のうち、通算5年以上、東京23區內に在住又は東京圏

      (※1)のうちの條件不利地域(※2)以外の地域に在住し、東京23區內への

      通勤(雇用者としての通勤の場合にあっては、雇用保険の被保険者としての

      通勤に限る。)をしていたこと。

  (イ) 移住する直前に、連続して1年以上、東京23區內に在住又は東京圏のうちの

      條件不利地域以外の地域に在住し、東京23區內への通勤をしていたこと。

      (ただし、東京23區內への通勤の期間については、住民票を移す3ヶ月前まで

      を當該1年の起算點とすることができる。)。

  ※1 埼玉県、千葉県、東京都及び神奈川県をいいます。

  ※2 過疎地域自立促進特別措置法、山村振興法、離島振興法、半島振興法    

     又は小笠原諸島振興開発特別措置法の指定區域を含む市町村(政令指

     定都市を除く。)をいいます。

(2) 次の(ア)~(エ)の全てに該當する必要があります。

  (ア) 暴力団員でないこと。

  (イ) 暴力団又は暴力団と社會的に非難されるべき関係を有する者でないこと。

  (ウ) 日本人又は外國人であって、永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶

      者等、定住者又は特別永住者のうち、いずれかの在留資格を有すること。

  (エ) 移住する直前に在住していた市區町村において、直近1年間市區町村稅等

      を滯納していないこと。

 

2.対象となる移住、就業、起業の要件

上記の「1.対象者」が、

『(1)の要件を満たす移住、かつ、(2)の要件を満たす就業』、又は

『(1)の要件を満たす移住、かつ、(3)の要件を満たす起業』 に該當する場合、支援金交付の対象となります。

(1) 移住に関する要件 次の(ア)~(ウ)の全てに該當する必要があります。

  (ア) 令和元年8月1日以降に移住したこと。

  (イ) 支援金の申請時において、移住後3ヶ月以上1年以內であること。

      ただし、起業を伴う移住については、この限りでありません。

  (ウ) 桜井市に、支援金の申請日から5年以上継続して居住する意思を有して

      いること。

(2) 就業に関する要件 次の(ア)~(キ)の全てに該當する必要があります。

  (ア) 勤務地が奈良県內に所在すること。

  (イ) 就業先が、奈良県が移住支援金の対象としてマッチングサイトに掲載している

      求人であること。

     (奈良県以外のマッチングサイトに掲載している求人による就業を除く。)

  (ウ) 就業者にとって3親等以內の親族が代表者、取締役などの経営を擔う職務を

      務めている法人への就業でないこと。

  (エ) 週20時間以上の無期雇用契約に基づいて就業し、申請時において連続して

      3ヶ月以上在職していること。

  (オ) (イ)への求人応募日が、マッチングサイトに同求人が支援金の対象として掲

      載された日(令和元年10月1日)以降であること。

  (カ) 當該法人に、移住支援金の申請日から5年以上、継続して勤務する意思を有

      していること。

  (キ) 転勤、出向、出張、研修等による勤務地の変更ではなく新規雇用であること。

(3) 起業に関する要件

   1年以內に奈良県が県実施要領に従い実施する起業支援事業に係る起業支援金の

   交付決定を受けていること。

 

お住まいをお探しの方へ(桜井市空き家バンク)

求人情報紹介サイト(奈良県 ジョブならnet)

起業支援事業(奈良県)に関する詳細(奈良県商工會連合會)

3.世帯申請の要件

上記の「1.対象者」、「2.対象となる移住、起業の要件」に該當し、かつ、世帯の申請をする場合は、次の(ア)~(オ)の全てに該當する必要があります。

  (ア) 申請者を含む2人以上の世帯員が移住元において、同一世帯に屬していた

      こと。

  (イ) 申請者を含む2人以上の世帯員が申請時において、同一世帯に屬している

      こと。

  (ウ) 申請者を含む2人以上の世帯員がいずれも、令和元年8月1日以降に転入

      したこと。

  (エ) 申請者を含む2人以上の世帯員がいずれも、支給申請時において転入後

      3ヶ月以上1年以內であること。ただし、起業を伴う移住については、

      この限りでありません。

  (オ) 申請者を含む2人以上の世帯員がいずれも、暴力団員ではなく、暴力団又

      は暴力団と社會的に非難されるべき関係を有する者でないこと。

 

 

4.支援金の額

支援金の額は次のとおりです。

區分 支援金の額
単身での移住 60萬円
2人以上の世帯での移住 100萬円

 

5.申請書類

支援金の申請に當たっては、次の書類を提出してください。

(1) 東京23區に在住していた方

タイプ 書類の種別(下記參考)
移住(就業タイプ) A.B.C.D.E.F.G.K
移住(起業タイプ) A.B.D.E.F.G.J.K

(2) 移住する3ヶ月前の時點において、連続して5年以上、雇用保険の被保険者として

    東京23區に通勤していた方

タイプ 書類の種別(下記參考)
移住(就業タイプ) A.B.C.D.E.F.G.H.K
移住(起業タイプ) A.B.D.E.F.G.H.J.K

(3) 移住する3ヶ月前の時點において、連続して5年以上、個人事業主として東京23區

    に通勤していた方

タイプ 書類の種別(下記參考)
移住(就業タイプ) A.B.C.D.E.F.G.I.K
移住(起業タイプ) A.B.D.E.F.G.I.J.K

 

提出書類の種別(參考)

A 移住支援金交付申請書(第1號様式) (PDF:81.7KB)

B 移住支援金の交付申請に関する誓約書兼同意書(第2號様式) (PDF:89.6KB)

C 就業証明書(移住支援金の申請用)(第3號様式) (PDF:87.8KB) ※就業先で記載

D 官公署の発行した免許証、許可証又は身分証明書の寫し(顔寫真入り)

E 移住先の住民票 ※世帯申請の場合は申請者を含む世帯全員分

F 移住元の住民票の除票その他移住元での在住地及び在住期間を確認できる書類 

   ※世帯申請の場合は申請者を含む世帯全員分

G 移住元における直近1年間の市區町村稅の納稅証明書

H 移住元での在勤地、在勤期間及び雇用保険の被保険者であったことを確認できる書類

 例:就業証明書、退職証明書、離職票等 ※退職した法人等で発行

I 移住元での在勤地、在勤期間を確認できる書類

 例:個人事業の開廃業等の屆出書の寫し等

J 起業支援金の交付決定通知書の寫し

K 支援金交付請求書(第5號様式) (PDF:72.6KB)

 

支援金支払いまでの流れ(PDF:85.2KB)

6.交付の條件

支援金に関する報告及び立入調査について、奈良県及び桜井市から求められた場合には、それに応じなければならないこと。

※報告及び立入調査に応じない場合、虛偽の內容を申請したものと推定し、下記に定める返還請求を行う場合があります。

 

7.支援金の返還

次の區分のいずれかに該當する場合は、支援金の全額又は半額を返還していただきます。

(ただし、雇用企業の倒産、災害、病気等のやむを得ない事情があるものとして、市長が認めた場合は除く)

(1) 全額の返還

  (ア) 虛偽の申請その他不正な手段により支援金の交付を受けた場合

  (イ) 支援金の申請日から3年未満に桜井市から転出した場合

  (ウ) 支援金の申請日から1年以內に支援金の要件を満たす職を辭した場合

  (エ) 起業支援事業に係る交付決定を取り消された場合

(2) 半額の返還

   (ア) 支援金の申請日から3年以上5年以內に桜井市から転出した場合

 

8.申請の受付

(受付終了)和元年度 申請受付分は、令和2年(2020年)2月末日までに申請してださい

(受付開始)令和2年度 申請受付分は、令和3年(2021年)2月末日までに申請してください

ただし、予算の執行狀況等により、受付期限を変更する場合がありますので、申請要件を満たした場合は、なるべく早めに申請してください。

※移住?就業の時期により、申請期間が異なります。詳細は、下記の「申請受付期間の例」をご覧ください。

※奈良県內での就業、桜井市への移住は、11月末日までにお済ませください。

 

(起業を伴う移住支援金の交付申請に関する注意)

起業を伴う移住支援金の交付申請については、「移住に関する要件(移住後3ヶ月以上1年以內)」と異なり、申請期間に注意が必要です。

 

申請受付期間の例(PDF:109.4KB)

9.関連情報(要綱)

桜井市移住支援金交付要綱(PDF:219.7KB)

10.申請書の提出方法

下記に記載の問い合わせ先(桜井市役所 市長公室 行政経営課)に、持參又は郵送により提出してください。

 ※郵送の場合は、提出書類に不備がない場合にのみ受付します。

 ※書類に不備がないか、事前にご相談ください。

 ※ファックスやE-mailでの提出はできません。

お問い合わせ先
桜井市役所 市長公室 行政経営課 行政経営係
〒633-8585 桜井市大字粟殿432-1
電話:0744-42-9111(內線256?257)
FAX:0744-46-1782
メールフォームによるお問い合わせ
国产人妻熟妇在线视频